1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ポジションでみるF・Bオーダー [戦術][フォーメーション][バレー用語]
2009/07/31(Fri)
更新が滞っておりました。

内容に入る前に・・・。
このブログの名前「歩観n普及」って・・・覚えにくいでしょうか。汗
ちょっとショックなことがありまして。笑
歩観n普及(ふみんふきゅう)」・・・覚えて頂ければうれしいです!!

今回はやっとこさで
バックオーダー・フロントオーダーについて書いてみます。
基本編か?とも思いますが・・・次回につなげるということで・・・。

以前の記事でも何度かこの名前を出して来ました。
まずおさらいですが
そもそもの違いはコートに入った時の並び順です。

こういうことですね。

67.jpg

両者はレフトとセンターの位置が逆なわけです。
セッターの前にサーブを打つのがセンターの場合バックオーダー
セッターの前にサーブを打つのがレフトの場合フロントオーダー
というわけです。
名前の由来は
このR1(S1)のバックオーダーでバックがLCRとちゃんと並んでいるからバックオーダー
R6(S2)のフロントオーダーでフロントがLCRとちゃんと並んでいるからフロントオーダー
ということ・・・らしい。笑

そして現在ではバックオーダーが主流となっています。
これについても解説していきますが
もちろんフロントオーダーの方が劣っているからと取ることも出来るんですけど
いつも言うようにそれぞれ利点欠点があります。
僕はフロントオーダーを取ってるチームを観ると
ワクワク興味津々になっちゃうタチです(笑)
だから頭ごなしにフロントオーダーを否定するというより
どういう場合に使うべきなのか
という感じで読んでいただければと思います。

今回はそれぞれのポジションごとにみていきます。
ポジションの名称として
ラージ・スモールはわかりにくいと反省しましたので・・・
セッターの隣のセンターをC1同じく隣のレフトをL1
ライトアタッカーの隣のセンターをC2同じく隣のレフトをL2
と表記します。
また紹介するサーブレシーブのポジションはリベロと両レフトの3枚レシーブを例にとっています。

まずはバックオーダーからです。

70.jpg

L1において前衛のときレフトからスパイクを打てるのが2回ライトからが1回(R1(S1))となります。
L2においては3回全部でレフトから打つことになります。
Rは2回ライトから1回レフトから(R1(S1))ということになります。
よって当たり前かと思われるかもしれませんが
自分のポジションからスパイクを打てる機会がほとんどであり
R1(S1)でL1とRの選手が入れ替わってしまうということになります。
またセンターにおいては
両選手共に1度ずつセッターのセットアップポジションよりライト側にいる場合があります。(R2(S5)、R5(S2))
そしてセッターのペネトレーションにおいて難しいとされるのは
R3(S5)とR4(S4)になります。

続けてフロントオーダーです。

65.jpg

こちらでは
L1において3回全てでレフトから打てています。
L2ではライトから2回、レフトから1回(R6(S2))ということになり
Rはレフトから2回、ライトから1回(R3(S5))です。
気付かれたかと思いますが
L2とRにおいては基本のポジションから打つ回数が少ないということです。
ここは後で説明します。
センターにおいてはC1の選手が一度だけセッターのセットアップポジションよりライト側に位置します。
そしてセッターのペネトレーション。
こちらはR3(S5)、R4(S4)、R5(S3)と難しいポジションが続き
R3(S5)においては非常に難しくなります。

以上がポジション的な特徴となります。

詳しく解説していきます。
基本的にサイド選手において
レフトの選手はレフトから、ライトの選手はライトからしか打てない(逆側が得意でない)
という仮定で話しますと
バックオーダーではR1(S1)はR・L2共に両サイドの選手が不得意なポジションから
スパイクを打つということになりますが
その一回だけで済むということにもなります。

逆にフロントオーダーでは
L2の選手、Rの選手は自分のポジションで打つ回数が極端に少なくなります。
しかし逆を返せば
L2にライト選手を、Rにレフト選手を入れることで
お互い1回ずつ不得意な方で打つという意味ではバックオーダーと同じになります。
ただローテーションで言うと
R3(S5)、R6(S2)の2回という意味では不利になるかもしれません。
(バックオーダーではR1(S1)で両選手が不得意側から打つので1ローテーションだけ)

もう少しサイドについてのみ考えてみます。
以上の説明のようにフロントオーダーの
L2にはライト(が得意な)選手
Rにはレフト(が得意な)選手が入るのが普通です。
そんなややこしいことに何の意味があるのか。

例えばRに入るポジションの選手は前衛時必ず攻撃が3枚います。
現在のオポと呼ばれる選手はRに入り攻撃力の高い選手です。
しかし常に3枚攻撃であるのに攻撃力のある選手がいるのは勿体無い。
1度ぐらいでも2枚の時に前衛にいた方が良いのではないか?
という考え方も生まれるわけです。
その時フロントオーダーのL2に置くことで
攻撃力のあるライト選手が1度前衛で攻撃2枚時のローテーションを作れることになります。

そしてもう一つ逆の考え方での使い方もあります。
あまり攻撃力のないレフト(が得意な)選手がいるとします。
しかし普通にレフトに置くと例えL2に置いたとしても
1度は攻撃が2枚時のローテーションがあることになります。
3枚の時に前衛に置いてなおかつレフトから打てるようにしたい。
こういう場合にフロントオーダーが使えます。
Rに置くことでスパイクはレフトから打つことが多く
セッターの対角に置くため常に3枚の時で前衛を回せます。

この例については次回詳しく話したいと思います。

そしてセンターにおいては
セッターのセットアップポジションよりライト側からクイックに入るのは
やりにくいですしサーブレシーブがネットから離れた場合
非常に入りにくくなります。
(バックオーダーでは2/6回ライトからフロントオーダーでは1/6回ライトから)
またもう一つ
女子においてはブロード攻撃があり
これはレフト側から助走を取ったほうがやりやすいのは観ててもわかると思います。
バックオーダーではこのブロード攻撃を多く使うであろう
セッターが前衛(2枚攻撃)であるR5(S3)でライト側に位置してしまいます。
そういう理由でセンターに関してはフロントオーダーが使いやすいともいえます。

しかしセッターのペネトレーションにおいては
フロントオーダーは難しくなります
特にR3(S5)の時では非常に難しいです。
このローテーションでL1がサーブレシーブをせずあがる方法もありますが
L1がサーブレシーブをしなければリベロがセンターでサーブレシーブするのが2回と
極端に難しくもなります。

少し今回の記事では
フロントオーダーの弁護のようになりましたが・・・。
基本的にはバックオーダーは安定しており
フロントオーダーは使いよう
と位置付けるのが妥当かとは思います。

フロントオーダーのチームってあまり現在ではないので
次回では例にとって書いてみたいと思います。

2006年の東海大学(黒鷲旗準優勝)
07/08シーズンのJTマーヴェラス
2007年の筑波大学
初期の柳本JAPAN
最近では法政大と中央大も春はそうだったかな。。。

他にこんなんもあった!というのがあれば教えていただけたらと思います。

インターハイ観に行きたいなー。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<実例でみるFオーダー [バレー用語][フォーメーション][戦術][全日本][大学] | メイン | バレーボール界の今後を考える。>>
コメント
- こんにちは! -
いつも楽しみに閲覧させていただいています!

小さい頃から体育の授業でも僕らがずっと習っていたのは『センターセッターのフロントオーダー』『W型のフォーメーション』だと思います。今年から顧問に就任したのでまだ春高やIHの映像を観ていないので知らないだけですが、下位に位置する(というよりも最下層・苦笑)私たちのチームなどは、フロントオーダーのチームが多いように感じます。

これはやっぱり初心者が多かったりすると授業のイメージが強すぎてなかなか理解できないんですかね。
まぁ、自分が一番このフロントーダーとバックオーダーの内容がイメージしにくいのですが。あ、内容はとても分かりやすいし、理解しているんです。でもどうしてもバックオーダーがイメージできない・・・。

ちなみに以前質問させていただいた『低身長のライトが前衛に来た時』ですが、165センチのライトが少し見れるようになってきました。戦力には程遠くないよりましか程度ですが。明日から合宿なので戦術についてはミッチリやってきたいと思います。
2009/07/31 23:28  | URL | 新米監督 #-[ 編集]
- Re: こんにちは! -
返信遅くなりましてすいません・・・。
「いつも」なんてもったいないお言葉です・・・笑
ライトの選手。成長しているようで何よりです!!

W型でフロントオーダーを使っているとあまり違いというか不便さがわからないというのはあるかも知れません。
ただレフトの選手がライトから打つ回数が多くなるなどの問題点はやはり否めないかとは思います。
確かに経験のない方の監督さんというのはフロントオーダーが多いですし
年を召してる方などやはり多いです。
こういう点でも「古い」という感覚があるのかもしれません。

自分も慣れてしまって「イメージしにくい」という感覚がわからなくなってます・・・。
基本的にはバックオーダーで考えてみた方がいいとは思います。
やはり「観る」ということは大事ですね。
クラブチームの大会や色々観てみてはいかがでしょうか?

チームの飛躍お祈りしてます!
2009/08/03 23:49  | URL | chappy0724 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://chappy0724.blog66.fc2.com/tb.php/23-3b01c8b4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。