1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バレーボールのサイン [戦術][ルール][SR]
2009/08/15(Sat)
これは気付きませんでした。
確かに各競技で「サイン(合図や信号の方)」というものはありますが
どのタイミングで何を伝えているか
というのは案外わからないものですね。

新米監督さん
ネタの提供ありがとうございます。笑

というわけで
今回は一般的に使われる「バレーボールのサイン」
というものについて書いていこうと思います。

もちろんサインの中身はチームによって違います。
そしてチームによっては同じサインでも選手によって異なる場合もあります。

まず一般的に使われるタイミングは
サーブレシーブの時です。
この時には
サーブレシーブがいい状態の時に各選手がどの種類のスパイクに入るか
というものです。
もちろんサーブが打たれる前にサイン交換を行います。
そしてこのサインを送るのはセッターの場合とアタッカーの場合とがあります。
その利点欠点の紹介は以前のこちらの記事に書きましたので割愛します。

ネットの向こうの相手に見えないように自分や他の選手で隠してサインを出します。

アタッカーがサインを出す場合の多くは
センターがサインを出したのを他のサイドアタッカーが見て
それを参考にサインを出すというのが多いと思います。

例えばセンターの選手がBクイックに入るとサインを出すと
レフトの選手は
・切り込んでBクイックとセッターの間に入りセンターセミによる時間差を行う
・Bクイックとほぼ同じ軌道のレフトへ速いトスを要求して相手のブロックがつられて跳ぶようにする
などチームによっても変わります。

セッターが出す場合でも
全部をセッターが決める場合や
センターやサイドの誰か一人が出したものに対してセッターが他の選手の動きを組み立て
サインを決め、送る
などこれもチームの編成によって異なります。

また最近ではあまりないように思いますが
例えば「1」を出すと
レフトはこれ、センターはこれ、ライトはこれ
というようにコンビネーション全体を決めているサインを何種類か作り
選手の一人や監督がそのサインを出して
すぐに内容を伝える
という方法もあります。

もちろんこれらは
・サーブレシーブがしっかりとセッターに返った場合
・コンビ攻撃が使える場合
のみに限られます。

よってサーブレシーブが崩れるとこの最初のサインはキャンセルということになります。
(サイドの選手がレフトとライトから打つようになります)
ただサーブレシーブの崩れ方が中途半端だったりすると
「コンビを続行するか?」ということになります。
長くそのチームにいると雰囲気でわかったりもしますが
大体は
「イケる!」「そのまま!」「入った!」「そこから!」
などでコンビ攻撃を続行するという声を出すか
「なし!」「○○!(違うサインをコールする)」
などでコンビ攻撃をやめる・キャンセルする声を出すか
でセッターもしくはアタッカーが声を出しプレー中は意思の伝達を行います。


そしてもう一つ行われるのが
こちらがサーブの時にネット際でブロックを構えてる選手が出すサインです。
これもサーブが打たれる前にサイン交換をするんですが
これはチームによって大きく2つに分かれます。
大まかに分けるとすると(もちろんこのわけ方は絶対ではないですが)
男子はブロックについてのサイン
女子は切り返しの時に何のスパイクに入るかというサイン
が多くみられます。

ブロックのサインというのは
例えばセンターなら
センターにコミットで跳ぶ
レフトに重点を置く
など
レフトの選手なら
ストレートorクロスを締める
デディケートをする
バンチorスプレッドからスタートする
などなど
そのチームで「これを伝えるようにしよう」ということをあらかじめ考えサインを決めておき
それをサーブが打たれるまでの時間にサインで確認をするというものです。
ただこれについては監督がサインを出したりする場合もあります。
ブロックに関することなのでお互いのブロッカーはもちろん
バックにいるレシーバーも確認しなければいけないことです。

そして2つ目のスパイクの種類というのは
特にセンターが多いですが
こちらがいい状態でボールをもらった時に(チャンスボールなどは特に)
何のスパイクに入るかというのを予約しておきます。
例えば
・ブロードに入る
・Aクイックに入る
などチャンスがあればこれを使うというものを約束しておくわけです。

もちろんこれについてはセッターが確認するのはもちろんですが
例えばセンターの選手がライトのアンテナまでの長いブロードに入るとサインを出した時
ライトの選手はライトから打てなくなるので切り込まなければいけない
という約束事も生まれます。


他にサインを出すものがあるのは
監督がサーバーに相手のここを狙えとサインを出すこともあります。
基本的にはゾーンでの指示を行いますが
相手の背番号で指示を出すこともあるかもしれません。

これはエンドライン側で見てると結構わかります。
観に行く機会があればどのサインがどこに打たれるのか解読するのも面白いと思います。
「ちゃんと狙えてる!」とか「わざと言うこと聞かなかった・・・?」と思うこともあるかもしれません(笑)

基本的なバレーボールのサインはこんなものでしょうか。
チームによっては全然違うことをしている場合があるかもしれません。

もちろん言葉でも
「A!」なんて叫んでしまうと相手にバレてしまうので
番号や色・手の形(パーとかグーとか)・マージャン用語(男子は結構多い)
などを使う場合が多いです。


最後に。
野球などでもそうですが
バレーボールでもサインを盗む行為は反則行為になります。
相手のエンド側で無線を持ってサインを見て
それをベンチに伝える
なんてことはやってはいけないということです。
それが見つかった時点で多分失格になると思います。
または後でわかった場合も失格になるはずです。

以上今回はサインについて
コメントのリクエストから書かせて頂きました。
これからもどなたでも結構ですのでこういうコメント頂けたらと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ワールドグランプリ09[全日本][SR][フォーメーション] | メイン | 2009全日本女子 [妄想シリーズ][戦術][フォーメーション][全日本]>>
コメント
- 申し訳ありません!! -
以前の書き込みで質問させていただいた中でレシーブ隊形についてはちゃんと読んだのに、読んだ事を忘れていました・・・。
管理人さんが一生懸命書いた記事なのに、頭に止まっていなかった・・・質問している癖に本当にごめんなさい。

ー『「サーブレシーブがいい状態の時に各選手がどの種類のスパイクに入るか」』

やっぱりサインの内容と言うのは『いい状態でボールが入ったとき』というのが大前提ですよね。頭でそうだろうな~って思っていても教える側だとはっきり「そうだ!」っていってもらいたいもので(笑)

うちのチームは前の代はオープントス攻撃一辺倒でした。うちぐらいのレベルならそれを確実に決められればまぁ、勝ちあがられるでしょうがやっぱりやるならクイック攻撃も持っている方がいいと思い、今季から取り入れました。もう少ししてフォーメーション固まったらセッターに提案してみます!
2009/08/15 19:10  | URL | 新米監督 #-[ 編集]
- Re: 申し訳ありません!! -
いえいえ。長ったらしい文章書いてるのでこちらこそすいませんって感じです。。。
あれでわかりにくいとこがあったらまた教えてください!

>頭でそうだろうな~って思っていても教える側だとはっきり「そうだ!」っていってもらいたいもので(笑)

よくわかります。これ。
指導者というのは言葉に責任があるため軽率に言いたくないですよね。ましてや専門じゃないなんてなおさらです。
けど新米監督さんは本当に勉強されてるのがよくわかります。自分が偉そうに評価してるようで恐縮ですが・・・。

>今では「このフォーメーションはどういう狙いなのか」とか「誰を生かしたいからこの配置なのか」

これはとても重要なことです。球技というのはやはり「ボールを触ってない人がどれだけ努力してるか」というのが結果に出ると思います。頑張ってください!

実はついさっき
「専門競技はなんなんだろう」と思っていたところでした(笑)
球技じゃなきゃやはり難しいですよね・・・。
僕も今世界陸上見てます。
いつか一緒に観戦出来たらと自分も思います!

いつも見てくれて本当に感謝です!
2009/08/15 22:28  | URL | chappy0724 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://chappy0724.blog66.fc2.com/tb.php/26-44b213e2

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。