1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
全日本女子2011の約束事[全日本][戦術][フォーメーション]
2011/11/15(Tue)
・・・お久しぶりですね(笑)
1年以上遠のいていました。。。

すでに忘れ去られたブログでしょうが
自分の記憶メモと誰かの役に立てばと思いキーボード叩いてます(笑)

現在ワールドカップ女子大会が開催中。
そして最終ラウンドが明日から始まります。

ご存じのようにブラジルに勝てたのは
相手の調子はどうであれ素晴らしいことだと思います。
いくら調子が悪かっても今までは負けていましたからね。

本当に中国を落としたのが何よりおしいと思います。。。

さて今回は全日本女子2011のフォーメーションを紐解くというよりは
おそらくこれはチームの約束事として確立してるんだろうなぁ
ということをまとめたいと思います。

このブログでもチームの約束事というのは時折書いていますが
「こういう状況になったらこうする」というのを
決めてそれをしっかり実行出来ることは一つ大切なことだと思います。

1.セッターが一本目を触るとリベロがトスアップする
まずは簡単なところから。
そのままですが眞鍋監督になってから
セッターのレシーブをトスアップするのはリベロというのは確立されています。
男子色の強い眞鍋監督らしい作戦ですが
男子がアタックラインを踏み越えないように
ギリギリでオーバーハンドでトスアップするのに対し
佐野選手はどんなボールでもアンダーハンドでトスアップします。
自分は全試合観てないのでまだ1回しか観ていませんが
クイックにもあらげれるようです。
早いセンターからのバックアタックと両サイドへ巧みに上げていますね。

今回佐野選手が左だけ(確か左だったと…)に
アームウォーマー(腕全体を覆うようなサポータ)を付けているのは
そのトスの精度に何か関係するのかなぁと少し気になるところではあります。

このセッターのレシーブのトスアップがリベロというのはそんなに珍しいことではないですが
一つ目に上げてみました。

2.セッターがレフトブロックに参加しない
以前から少しずつやっていたように思いますが
今年は顕著に徹底しているように思います。
このブロックシステムですがドロップブロックと聞いたことがありますが
本来なんと言われているのか正式な名前がわかりません。。。すいません。

例えば相手のレシーブが崩れてしまい相手の攻撃がレフトにしかないとなった時に
男子や外国の女子チームなんかが3枚ブロックをするのに対し
竹下選手などのセッターでブロックが低い選手で3枚ブロックをすると
その上から打たれてしまいあまり効果的でない時があります。
そういった場合にセッターがブロックに参加せず
センターの選手がストレート側
レフトの選手がクロス側を飛ぶブロックのことを言います。

91

飛ばないセッターはフェイントカバーに入ります。
もちろん戦術としてはアリな戦術なんですが
このブロック方法には2点欠点もあります。
1つは相手がリバウンドを取ってすぐに攻撃出来る体勢が出来てしまった場合
ライト攻撃にブロックが間に合わないことがあること。

そしてもう一つは切り返しの攻撃が手薄になることです。
全日本女子2011ではレフト選手はレフトに走り
センターはクイックに入ろうとします。
そしてライトバックは元々バックアタックを打つ選手ではないので
バックアタックはセンターのバックアタックのみ。
この場合ほとんどセンターからのバックアタックになってしまい
それに3枚ついてしまうことが多くなります。

この2点は3枚ブロックでも言えることですが
相手にとってはいつも低いブロックの上から決まっていたのに
高いブロックが2枚来ることで威圧感やワンタッチを取られ
少し考えさせられるという嫌な印象を受ける点もあり
メリット・デメリットの大きな戦術でもあります。

3.X攻撃をした後にダブルクイックに入る。
これに自分は驚きました。
今大会ライトは新鍋選手と狩野選手がメインとなっています。
(ブラジル戦では山口選手でしたが。)
サーブレシーブからの攻撃とフリーボールからの攻撃では
X攻撃をすることが多くあります。

X攻撃とはセンターの選手がA、Cクイックやブロード攻撃に入り
ライトの選手がセンターに時間差攻撃に入ることです。
そのコンビ攻撃になると
センター・ライトのどちらかにトスが上がることが多いのですが
その攻撃で決まらない場合
ブロックはセンターはセンターのポジションに戻らず
センターがライトブロック
ライトがセンターブロックという
スイッチブロックになっています。
これも約束事なのでしょうが
チームによっては必ず戻るチームなどもあります。

この時もう一度日本側にボールが戻って来ると
ライトの選手がAクイックに入り
センターの選手がCクイックに入り
トスはレフトに上がる(クイックに上がるのは自分はまだ見ていません)。
これも徹底されているようです。

92

選手の臨機応変さも大切ですが
この約束事の徹底さは効果はどうであれ素晴らしいと思いました。


いやぁ久しぶりに書いても長くなるものですね(苦笑)

もしファイナルランドの前にこのブログを読んで頂けたなら
少し注目してもらえたらと思います。


別途内容 ブラジル戦の采配。
今回の眞鍋監督の采配。
久光時代から最初に決めたスタメンはケガがない限り基本的に同じメンバー
というのが主流だったように思います。
しかし今回は本当に全員バレーなんだなぁととても好印象です。

ただ一点やってもらいたかった!!という場面がありました。
ブラジル戦の2セット目だったかな?
岩坂選手のところに座安選手がピンチサーバーで入りました。
ピンチサーバーは眞鍋監督の十八番ですが
そのまま座安選手を残してリベロと山口選手を交代するのかなぁと思いましたが
(山口選手がサーブで狙われてた事と2枚替えをしたのでその方法でしか下げられない)
残念ながらピンチサーバーのみの起用でした。
まぁ勝ったからなんとも言えないんですがね(笑)

2枚替えと
ピンチサーバーと
誰かの調子が悪い際のメンバーチェンジ
基本はこの3つですが
何かもう一つ戦略があったら面白いなぁと思いました。

あと3試合。
自分もテレビで応援します!!
スポンサーサイト
この記事のURL | - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<全日本女子2014~Hybrid6~[全日本][戦術][フォーメーション] | メイン | ライトのバックアタックの重要性[戦術][バレー用語]>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://chappy0724.blog66.fc2.com/tb.php/38-d24b9165

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。